PR

東日本大震災から3年が経過し、被災地の高台移転がようやく本格化してきた。そのプロセスのなかで、課題や問題点が浮き彫りになりつつある。膨大な業務量にコストの精査が追いつかない現実や、そもそも高台移転が効率的な投資になりにくいという構造も見え隠れする。そうした矛盾をどう克服するか、様々な取り組みが展開されている。模索しながらも立ち止まることは許されない。被災地復興の今をリポートする。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料