PR

発注方式の進化型

 そこで登場してきたのが、発注時に性能を明示する「性能発注型の設計・施工一括方式」だ。震災復興需要、東京五輪の決定、建設コストの上昇といった発注者を取り巻く事業環境の変化を背景に、公共・民間共に発注者の関心が高まってきている。その長所は(1)建築技術者からの提案の自由度を残しながら、(2)建設コストや工期を早い段階で確定できる点にある。設計・施工一括方式における1つの手法といえる。

 性能発注とは、発注者が要求した品質やコスト、期間で実現できるように、発注条件を整理してから発注をかける方式だ。建物の形状や具体的な機器、材料までは決めずに、建物や設備がどのような能力を発揮すべきかという「性能」から条件を設定する。これによって、コストや工期が計画から大きく外れることを予防する。

 従来の発注方式と比較しながら説明しよう〔図1〕。設計・施工分離方式は、設計図書を発注条件とする「仕様発注」と言える。設計事務所が作成した実施設計図と仕様書を基に建設会社に発注をかけるため、発注者にとっては実施設計が終わるまで、建設費や工期の見通しがつきにくいというデメリットがある。

〔図1〕金額や期間を早めに確定できる
設計・施工分離方式や従来型の設計・施工一括方式に比べると、性能発注型の設計・施工一括方式は、工事に必要な金額や期間の見通しが早く立ち、工期全体も短縮しやすい(イラスト:ポム企画)
設計・施工分離方式や従来型の設計・施工一括方式に比べると、性能発注型の設計・施工一括方式は、工事に必要な金額や期間の見通しが早く立ち、工期全体も短縮しやすい(イラスト:ポム企画)

 従来型の設計・施工一括方式と性能発注を採用する場合の違いは、建設会社に対する発注条件の精度だ。従来型では、用途や規模、事業費など大まかな与件から段階的に設計の精度を上げていく。一方、性能発注型では建設会社を選定する前の基本計画や基本設計の段階で、コストに大きく関わる与条件や性能を規定しなければならない。

 そのためには、技術的な専門知識が必要となる。我々のようなコンサルタントが参画し発注者を支援する場合が多いが、発注能力の高いデベロッパーなどの要望を受けて、設計事務所が性能発注を支援する事例もある。