PR

今回のポイント

  • 建設会社の技術力を活用し、発注者の要望を合理的に達成する「性能発注」への関心が高まっている
  • 求められているのは建設費や工期の早期確定とリスク回避。建築技術者に必要な能力が変わりつつある

講師:村田 達志(むらた たつし)
山下ピー・エム・コンサルタンツ 事業創造本部事業創造部部長
1976年生まれ。京都大学および同大学院で建築生産学、PM・CMなどを研究。修士課程修了後、山下PMC入社。事務所、商業施設、データセンター、公共施設などのPMrを担当。実績に中之島フェスティバルタワー、JR東日本関連案件など

構成・本編イラスト:ぽむ企画
企画協力:納見 健悟(山下ピー・エム・コンサルタンツ)
この記事は、発注・設計・施工の実務経験者を擁する山下ピー・エム・コンサルタンツから、各回のテーマに合わせた専門家を講師に迎えるオムニバス形式で連載します。

連載の予定

  • 第4回 マネジャーに求められる能力(4月25日号)
  • 第5回 発注者の心に響く提案書(5月25日号)
  • (隔号掲載で全12回の予定)
  • (内容は変更になる場合があります)