PR

大地震などの災害に備えた住宅の設計に当たっては、災害後の生活困窮まで視野に入れ、被害をいかに抑えるかという「減災」の考え方が重要になってきた。仮に地震で倒れない住宅をつくっても、電気や水が断たれれば生活はできなくなる。3年前に起こった東日本大震災の経験を踏まえて、さまざまな工夫を盛り込んだ減災住宅が登場している。被災しても生活を続けられる住宅が求められているのだ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)