PR

松島孝夫 アーキネット プロデューサー(写真:守山 久子)
松島孝夫 アーキネット プロデューサー(写真:守山 久子)

参加者の目線で対話できる人

 コーポラティブハウスの設計者には、参加者と同じ目線で対話できる人が適している。西田氏のそれまでの実作を見て「その人の生活に合わせた空間を提案する設計者」と感じていたので依頼した。雑居ビルのようになってしまいかねないこの敷地で、新しい暮らしの提案をしてくれるだろうという期待もあった。参加者同士の仲も良く、事業は順調に進んでいる。(談)

最初の打ち合わせで松島プロデューサーが心を打たれた敷地模型(写真:アーキネット)
最初の打ち合わせで松島プロデューサーが心を打たれた敷地模型(写真:アーキネット)