PR

自然になじむ場をつくる

 マネジメントスキルには、スケジュール管理はもちろん、その前提となる協力会社や担当者間の関係づくりも含まれる。合意形成に手間取るような状態では、プロジェクトのスムーズな進捗は望めないからだ。

 例えば当社がコンストラクションマネジメント(CM)業務を担った総工費1000億円以上の研究所のプロジェクトでは、発注区分が80以上に及んだ。多数の工種や工区に分割され、設計事務所や建設会社、設備会社の設計者が入り混じっていた。定例会議や分科会だけでスムーズに合意形成を進めるのは不可能に近いと、早期に判断した。

 そこで提案したのは、ワンフロアを見渡せる開放的な設計室だ。使われていなかった工場を改修して利用した。各社からは当初、プライバシーがない空間に対して総反発を受けた。だが、いざ設計が始まると、いつも同じ空間に同居していることで意思疎通が円滑になり、各工事区分間の調整も想定より速やかに完了した。このように現場の職場環境をひと工夫するだけでも、大きな効果がある。

 (3)のヒューマンスキルの要素には、「礼節」や「第一印象」が含まれる。多くの関係者と協力しながらプロジェクトを推進するには、礼節が不可欠なのは言うまでもない。ではなぜ第一印象が重要なのか。

 人間が相手を受け入れるか否かといった本能的な判断は、直観を頼りにする傾向がある。その印象が良ければ、その後も安心感や信頼感を抱いてもらえる可能性が高い。だからこそ、直観が働く最初の5秒に意識を集中させ、常に笑顔で、人を迎え入れるような振る舞いを心掛けたい。

 こうした技術は、生まれ持った性質によるところも大きいが、普段から意識して訓練を積むことで、習得することも十分可能だ。

 私自身、礼節や笑顔を常に意識するようになったのは、当社に入ってからだ。設計事務所に在籍していた頃は、自分は技術者だという意識が頭の片隅にあり、相手に与える印象については、現在より無頓着だったように思う。実践を通じて少しずつ獲得すればよいだろう〔図3〕。

〔図3〕スキルを習熟して武器に
マネジャーには「テクニカルスキル」「マネジメントスキル」「ヒューマンスキル」がバランスよく必要。これらを意識しながら経験を積むことで、スキルアップの早道となる(イラスト:ポム企画)
マネジャーには「テクニカルスキル」「マネジメントスキル」「ヒューマンスキル」がバランスよく必要。これらを意識しながら経験を積むことで、スキルアップの早道となる(イラスト:ポム企画)

 そして3つのスキルとは別に必須と捉えているのが、「考え抜く力」だ。私は採用面接の際に必ず、「誰にも負けないものは何ですか」と聞く。何かを究めた経験は、考え抜く力があることの1つの証明だ。発注者が100人いれば、解決すべき課題は100通りある。複雑な課題に対する解決策を導くためには、徹底的に考え抜く必要がある。何かを究めた経験は、さまざまなプロジェクトの課題を解決する思考へと発展可能だ。