PR

温室効果ガスの排出抑制だけでなく、地球温暖化への適応策(被害軽減策)への取り組み機運が世界的に高まってきた。金子教授は、この動きを先取りする形で地域での実証実験を進めてきた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料