PR

発注者を巻き込んだチームに

 中には餅は餅屋とばかりに、現場はプロに任せておく方がよいという考えの発注者もいるだろう。だが発注者がプロジェクトを大事にしているという熱意が伝わると、現場は期待に応えて良いものをつくろうという気持ちになるものだ。

 設計・監理者の立場で現場に入る場合でも、定例会議に発注者側の担当者を加えるなど、常に現場と発注者との接点を設けることを意識したい。発注者を巻き込んで、前倒しでスピーディーな意思決定ができる体制を築くことが肝要だ。

 発注者が現場により深く関与すれば、設計変更などの手戻りリスクも減らせる。工事費の増加を伴うような大きな変更は、発注者にとっても避けたい事態のはずだ。

 現場とは、所長が指揮者として統括するオーケストラのようなものだ。設計図書という「楽譜」のポイントをよく理解し、現場の構成員や下請け会社の職人という「楽団員」に適切に伝え、総合力を結集させる。そしてそのオーケストラのオーナーであり、一番の観客に当たるのは発注者だと言えるだろう。熱心な観客の厳しい視線と大きな拍手が、現場の潜在能力を引き出し、より良いパフォーマンスに結び付いていく〔図2〕。

〔図2〕現場はオーケストラのごとく
現場とはいわば、所長が総指揮者を務めるオーケストラ。良い現場では現場構成員1人ひとりが所長の指示に合わせ、統制の取れた見事な動きを見せる。発注者が良き観客として期待をかけ、拍手を送ることは現場の質の向上につながる(イラスト:ぽむ企画)
現場とはいわば、所長が総指揮者を務めるオーケストラ。良い現場では現場構成員1人ひとりが所長の指示に合わせ、統制の取れた見事な動きを見せる。発注者が良き観客として期待をかけ、拍手を送ることは現場の質の向上につながる(イラスト:ぽむ企画)

 折からの人手不足で経験豊富な所長でさえ、馴染みのある職人の確保に苦労している。我々が発注者の代理として、改善を求める場面も多い。現場と上手に付き合い、高水準の建物を仕上げるにはどうすればよいのだろうか。

 一般的に施工管理は、「PDCA」に基いて実施する。計画(Plan)、実施(Do)、点検(Check)、処置(Act)の頭文字を取ったもので、業務を動かす基本の概念だ。

 PDCAを建設現場に当てはめてみよう。まずは建設会社が現場の運営計画書をつくる(P)。ここには仮設計画書、工事方針書、工程表などが含まれている。これらの実施(D)を随時点検(C)し、もし問題が認められれば改善(A)するというやり方になる〔図3〕。工期全体にかかる大きなものから、1日単位で工程を確認するような小さなものまで、あらゆるフェーズでPDCAは活用できる。

〔図3〕PDCAで行われる施工管理
施工管理は計画(Plan)→ 実施(Do)→ 点検(Check)→ 処置(Act)という流れでなされる。特に重要なのはCとA。実態をきちんと把握し、問題を発見したらそれを解決できることが、良い現場の必須条件だ(イラスト:ぽむ企画)
施工管理は計画(Plan)→ 実施(Do)→ 点検(Check)→ 処置(Act)という流れでなされる。特に重要なのはCとA。実態をきちんと把握し、問題を発見したらそれを解決できることが、良い現場の必須条件だ(イラスト:ぽむ企画)