PR

外装工事
ノザワが前年に引き続きトップを堅持。2位三菱マテリアル建材との差は、3.3ポイントから7.6ポイントに拡大した。昭和電工建材が前年の4位から3位に順位を上げた
ノザワが前年に引き続きトップを堅持。2位三菱マテリアル建材との差は、3.3ポイントから7.6ポイントに拡大した。昭和電工建材が前年の4位から3位に順位を上げた

外装工事
ニチハが2位に13.3ポイントの差を付けて首位。ニチハを採用したい理由については、「意匠性が高い」点を挙げた人が38.0%いた。ケイミューが前年の4位から3位に順位を上げた
ニチハが2位に13.3ポイントの差を付けて首位。ニチハを採用したい理由については、「意匠性が高い」点を挙げた人が38.0%いた。ケイミューが前年の4位から3位に順位を上げた

外装工事
アイジー工業とニチハが、ともに54.7ポイントを獲得して首位に並んだ。前年トップの淀川製鋼所は3位に後退した。アイジー工業を採用したい理由については「意匠性が高い」点を挙げた人が46.8%いた
アイジー工業とニチハが、ともに54.7ポイントを獲得して首位に並んだ。前年トップの淀川製鋼所は3位に後退した。アイジー工業を採用したい理由については「意匠性が高い」点を挙げた人が46.8%いた

外装工事
旭化成建材が前年に続いて首位。2位には、旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツとフクビ化学工業が同点で並んだ。首位と2位の差は、前年の3.9ポイントから0.4ポイントに縮まった
旭化成建材が前年に続いて首位。2位には、旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツとフクビ化学工業が同点で並んだ。首位と2位の差は、前年の3.9ポイントから0.4ポイントに縮まった

防水工事
田島ルーフィングが2位に30ポイント近い大差を付けて首位を独走。同社を採用したい理由については「機能性が高い」点を挙げた人が52.7%いた。上位3位の順位は変動ないが、前年10位のダイフレックスが6位に順位を上げた
田島ルーフィングが2位に30ポイント近い大差を付けて首位を独走。同社を採用したい理由については「機能性が高い」点を挙げた人が52.7%いた。上位3位の順位は変動ないが、前年10位のダイフレックスが6位に順位を上げた