PR

空調設備工事
前年に続き、三菱電機が首位をキープ。2位のダイキン工業と20ポイント以上の差を付けた。三菱電機の製品を採用したい理由については、「機能性が高い」が58.3%で最も多く、次いで「耐久性が高い」が25.1%だった
前年に続き、三菱電機が首位をキープ。2位のダイキン工業と20ポイント以上の差を付けた。三菱電機の製品を採用したい理由については、「機能性が高い」が58.3%で最も多く、次いで「耐久性が高い」が25.1%だった

衛生・厨房設備工事
前年は、LIXIL(サンウエーブ)がクリナップをわずか0.1ポイント差で振り切って首位を獲得したが、今年もLIXIL(サンウエーブ)がトップを守った。前年2位のクリナップはポイントを落として3位に後退。代わってTOTOが2位に順位を上げた
前年は、LIXIL(サンウエーブ)がクリナップをわずか0.1ポイント差で振り切って首位を獲得したが、今年もLIXIL(サンウエーブ)がトップを守った。前年2位のクリナップはポイントを落として3位に後退。代わってTOTOが2位に順位を上げた

衛生・厨房設備工事
TOTOが89.0ポイントを獲得し、前年に続いて首位を保った。上位7社は、前年と順位の変動がない。TOTOの製品を採用したい理由を見ると、「機能性が高い」が55.5%で最も多く、次いで「意匠性が高い」が38.8%だった
TOTOが89.0ポイントを獲得し、前年に続いて首位を保った。上位7社は、前年と順位の変動がない。TOTOの製品を採用したい理由を見ると、「機能性が高い」が55.5%で最も多く、次いで「意匠性が高い」が38.8%だった

衛生・厨房設備工事
TOTOが97.2ポイントを獲得し、全部門を通じた最高得点を記録した。2位のLIXIL(INAX)も93.0ポイントの高得点を獲得。3位は72.0ポイント獲得のパナソニックで、4位以下との間に大きな差が付いている
TOTOが97.2ポイントを獲得し、全部門を通じた最高得点を記録した。2位のLIXIL(INAX)も93.0ポイントの高得点を獲得。3位は72.0ポイント獲得のパナソニックで、4位以下との間に大きな差が付いている

衛生・厨房設備工事
この部門も、TOTOとLIXIL(INAX)の2強がそれぞれ95.0ポイント、91.8ポイントの高得点を記録し、3位以下を大きく引き離した。上位7社は、前年と順位の変動がなかった
この部門も、TOTOとLIXIL(INAX)の2強がそれぞれ95.0ポイント、91.8ポイントの高得点を記録し、3位以下を大きく引き離した。上位7社は、前年と順位の変動がなかった