日経不動産マーケット情報トップ東京・主要商業エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)

底打ち感が出てきた都心店舗賃料(09年第4四半期)

2010/04/06

 リーマンショック以来、厳しい落ち込みがみられた東京都心の店舗賃料も2009年第4四半期になり底打ち感が鮮明になってきた。歩行者流量の豊富な新宿・渋谷・池袋エリアなどのターミナル立地では、前期比で微増している。

 かつて有名ブランド店が路面店出店への旺盛な意欲をみせていた銀座・表参道エリアでは、高騰した賃料の反動により第4四半期でも1階の賃料の低下が続いている。賃料の回復はやや遅れると思われる。

 業態別で見ると百貨店の売上は依然厳しいが、2010年に入ってから一部の専門店売上は横ばいから上向きの兆しが出てきた。賃料トレンドも微減から横ばいに落ち着いてくるものと思われる。

  銀座 表参道 新宿 渋谷 池袋
募集賃料(円/坪) 1階 49,606 45,654 31,988 33,027 17,923
1階以外 26,840 28,580 23,488 22,616 19,301
平均 29,615 35,194 24,751 24,361 18,929
公募件数 517 715 525 710 230
スタイルアクトが提供するReRemによる集計。2010年3月の集計値

ビーエーシー・アーバンプロジェクト

【注】本レポートは、公募されている店舗系賃料情報に、個別のリーシング情報、伝聞賃料情報などを加え、主要エリア別の店舗賃料トレンドとして整理したものである。データについては、スタイルアクト社とビーエーシー・アーバンプロジェクトが共同開発したマーケットデータシステムReReM(リリム)によるもので、地域別、時期別に収集、分析している。公募賃料はオンライン上で公募されている店舗系賃貸物件情報で、物件により共益費を含むケースと含まないケースがあるため、ここでは別途徴収している共益費を全サンプル数で除した平均値(月坪約1千円)を加算し、共益費込賃料として合計している。ReReM(リリム)の詳細はスタイルアクト、もしくはビーエーシー・アーバンプロジェクト(下記関連リンク)まで。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ東京・主要商業エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)