日経不動産マーケット情報トップ東京・主要商業エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)

【店舗賃料/東京全体】銀座、表参道、渋谷は数年ぶりの高水準

2015/03/26

 2014年下半期の銀座表参道渋谷池袋は、1階募集賃料の平均水準が前年同期より上昇した。特に、銀座表参道渋谷の1階坪単価は数年来の高水準だった。長期的に募集している高額坪単価事例も複数あることから期待値を含んでいるという側面はあるものの、概ね上昇傾向といえる。

 新宿は1階の募集件数が低下したことで、相対的に駅から距離のある安価な坪単価の物件割合が増加した。そのため平均募集賃料が低下した。

 各エリアとも景況感の影響を受けて期待値が上がっていると推定する。特に外周部の賃料に動きがでてきた。

東京・主要商業エリアの賃料・公募数の推移(2014年第4四半期)
  フロア区分 銀座 表参道 新宿 渋谷 池袋
募集賃料
(円/坪)
全フロア 28,360 33,695 23,785 25,295 18,976
1F 64,172 46,075 33,207 41,599 26,103
1F以外 25,659 28,661 23,010 22,790 18,024
募集件数 全フロア 472 393 270 356 249
1F 33 116 23 67 26
1F以外 439 277 247 289 223
スタイルアクトが提供するReRemによる集計

ビーエーシー・アーバンプロジェクト日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ東京・主要商業エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)