日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】森トラストの複合開発の名称が「仙台トラストシティ」に

2008/06/27

SENDAI TRUST CITY住居棟の完成パース図(資料:森トラスト)
SENDAI TRUST CITY住居棟の完成パース図(資料:森トラスト)

 森トラストが、仙台市青葉区一番町で手がけている複合開発の名称が「仙台トラストシティ(SENDAI TRUST CITY)」に決まった。東北学院中学・高校跡地の約5000坪の再開発事業で、ホテル・事務所棟と、住居棟を建設するプロジェクトだ。6月25日に住居棟の建設に着手した。今年1月にはホテル・事務所棟が着工している。

 SENDAI TRUST CITYはこれまで、仙台一番町プロジェクト(仮称)という名称で建設が進んでいた。建設地は地下鉄仙台駅から徒歩6分、東二番町通と北目町通りに面した場所だ。道を挟んだ向かいに仙台国際ホテルが、斜向かいには河北新報社の本社ビルが立っている。東北大学の片平キャンパスにも近い。

 着工した住宅棟は土地面積約3000m2、地上29階地下1階建て、延べ床面積約3万m2、戸数約200の規模になる。設計と施工を戸田建設が担当する。分譲する予定だが、一部を賃貸することも検討している。2010年の夏ころに完成する予定だ。ホテル・事務所棟は地上37階地下2階建て、延べ床面積12万5300m2の規模となり、2010年4月の完成を予定している。

開発名:SENDAI TRUST CITY住居棟
所在地:仙台市青葉区一番町1-9-4ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄仙台駅徒歩6分
面積:土地3099.49m2、延べ床3万71.36m2
構造、階数(地上/地下):RC造、29/1
事業主:森トラスト
設計・施工者:戸田建設
用途:共同住宅
工期:2008年6月~2010年夏

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)