日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【トラブル】開発用地の売買契約解除で違約金など約9億円の損失、サンウッド

2008/08/05

 サンウッドは2008年7月、マンション用地の売買契約を解除し、売り主への違約金など9億2300万円を特別損失として計上することを決めた。マンションを建てて分譲する予定だったが、事業を継続する方が損失が膨らむ恐れがあることから、解約に踏み切った。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)