日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【売買・開発】臨海副都心の土地を55億円で取得、プロパストがオフィス建設

2008/08/07

 東京都は8月5日、臨海副都心の青海F1-S区画5157m2の開発事業予定者をプロパストに決定した。プロパストは約55億円で取得し、地上10階地下1階建て、延べ床面積2万8789m2の賃貸オフィスビルを建設する。2011年11月の開業をめざす。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)