【開発】東京・元赤坂の旧本社跡地で30階建てビルを建設、鹿島

2009/01/30

日経不動産マーケット情報

元赤坂Kプロジェクト(資料:鹿島)
元赤坂Kプロジェクト(資料:鹿島)

 鹿島は1月30日、港区元赤坂1丁目の旧本社跡地で「元赤坂Kプロジェクト(仮称)」の建設に着手したことを明らかにした。オフィスと住宅、店舗からなる複合ビルで、地上30階地下3階建て、延べ床面積約5万4000m2の規模となる。2011年11月の完成を予定している。総事業費は約240億円となる見込みだ。

 建設地は地下鉄赤坂見附駅から徒歩4分の場所で、青山通りに面している。2007年に完成した鹿島新本社ビルの隣地だ。1階と3階~24階が賃貸オフィスフロアで、総賃貸床面積は約8320坪、1フロアの専有面積は約400坪となる。フロア分割や設備増強などのテナントニーズに柔軟に対応するため、設備のコア部分は各階の外周部に分散配置した。26階~30階は総戸数40の賃貸住宅フロアとなる。地下1階と地上1階部分には3区画の店舗も設ける。

 建物には、オイルダンパーを組み込んだ制震ブレースを建物の四隅に配置した制震構造を採用した。Low-Eペアガラス、ブラインド制御システムなどによって空調負荷を低減するほか、熱源システムや設備機器を最適に制御するシステムなどの技術も導入している。こうした試みによって、プロジェクトは国土交通省の2008年度住宅・建築物省CO2推進モデル事業に選定されている。

開発名:元赤坂Kプロジェクト(仮称)
事業費:約240億円
所在地:港区元赤坂1-2-7(住居表示)
最寄り駅:地下鉄赤坂見附駅徒歩4分
面積:土地5121m2、延べ床5万3863m2、オフィス賃貸床2万7500m2、住宅賃貸床2930m2、店舗賃貸床470m2
構造、階数(地上/地下): RC・S造、30/3
用途:事務所、住宅、店舗
事業主:鹿島
設計・施工者:鹿島
工期:2008年12月~2011年11月(予定)

日経不動産マーケット情報