日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

ニュース(フリー)

【開発】東京・御徒町で延べ床7000m2超のオフィス建設、日本土地建物

2009/03/04

日土地御徒町ビルの完成予想(資料:日本土地建物)
日土地御徒町ビルの完成予想(資料:日本土地建物)

 日本土地建物は2009年3月、JR御徒町駅から徒歩6分の場所で、日土地御徒町ビル(仮称)の建設に着手する。地上10階地下1階建て、延べ床面積7155m2の規模となる。2010年3月に完成する予定だ。

 建設地は台東区台東2丁目にあり、昭和通りに面した836m2の土地だ。地下鉄仲御徒町駅からは徒歩3分の場所にある。かつて、土地はみずほ銀行が所有していた。日本土地建物が借地して、1964年からオフィス兼店舗ビルを賃貸物件として運営していた。日本土地建物は2007年5月に底地を取得している。

 新たに建設するビルは1階部分に店舗が入居し、2階~10階が賃貸オフィスとなる。基準階面積は150坪を超える。3階~10階の窓ガラスの一部に太陽光発電パネルを使用し、省エネ化を図る。太陽光発電パネルは、「洞爺湖サミット国際メディアセンター」で使用されたものを再利用する。正面のガラスには遮熱・高断熱のLow-Eペアガラスを採用し、環境負荷を削減する。設計・施工は竹中工務店が手がける。

開発名:日土地御徒町ビル(仮称)
所在地:台東区台東2-141-2ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄仲御徒町駅徒歩3分
面積:土地836.09m2、延べ床7155.77m2
構造、階数(地上/地下):S・SRC造、10/1
用途:オフィス、店舗
事業主:日本土地建物
設計・施工者:竹中工務店
工期:2009年3月~2010年3月(予定)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)