日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【REIT】200億円のコミットメントライン、日本ビルファンドが中央三井と

2009/03/03

 日本ビルファンド投資法人は2月26日、中央三井信託銀行と200億円のコミットメントライン契約を結ぶと発表した。契約期間は3月18日からの1年。借り入れにあたっては担保を設定しない。

 同契約を結ぶことで、資産の取得や借入金の返済、投資法人債の償還に必要な資金を機動的かつ安定的に調達できる。なお同投資法人はリファイナンスリスクに備えるため、2008年8月にも、三井住友銀行をアレンジャーとする合計13行のシンジケートとコミットメントライン契約を結んでいる。期間は3年で、極度額は300億円だ。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)