日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【入札】目黒区内の宿泊施設を売却へ、広島県

2009/04/06

 広島県は2009年3月、東京都目黒区五本木にある祐天寺もみじ会館(広島県東京職員寮)を入札で売却することを明らかにした。入札日は5月29日。広島県は予定価格を1億7900万円に設定しており、即日、落札者を決定する。

 東急東横線の祐天寺駅から徒歩5分の場所に、同物件がある。周囲は閑静な住宅街だ。地上4階建て、延べ床面積611m2の規模で、1963年に竣工した。2009年2月までは民間に委託して、客室数20の宿泊施設として運営していた。

 敷地面積は429m2で、平面形状は間口16m強、奥行き25~26mの長方形となっている。前面道路は幅4.5~4.8m。一帯は容積率150%の第一種低層住居専用地域に指定されている。

 広島県は5月18日から22日まで、入札参加の申し込みを受け付ける。またこれに先立って、4月23日と24日に内覧会を実施する。入札の詳細については、広島県のウェブサイトで確認できる。

[物件の概要]
名称:祐天寺もみじ会館(広島県東京職員寮)
所在地:目黒区五本木2-18-14(住居表示)
最寄り駅:東急東横線祐天寺駅徒歩5分
面積:土地429.28m2、延べ床611.82m2
構造、階数(地上/地下):RC造、4/0
用途:宿泊施設
竣工:1963年

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)