日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】静岡で「ららぽーと磐田」を6月開業、三井不動産

2009/04/20

ららぽーと磐田の完成予想(資料:三井不動産)
ららぽーと磐田の完成予想(資料:三井不動産)

 三井不動産は、静岡県磐田市で「三井ショッピングパーク ららぽーと磐田」を6月25日にオープンする。同社の広域商圏型商業施設としては9番目の施設で、東海エリア初出店となる。

 ららぽーと磐田は、東名高速道路遠州豊田パーキングエリア(PA)に隣接する約7万m2の敷地で建設が進んでいる。建物は地上4階地下1階建て、店舗面積約5万m2の規模となる。ファッションブランドのZARAやユニクロ、食品スーパーのパレマルシェ、家電量販店のノジマ、映画館のTOHOシネマズ(2009年7月23日オープン)など175店舗が出店する。敷地内には、約3400台を収容できる駐車場棟も併設する。

 三井不動産は1981年に開業した千葉県船橋市のららぽーとTOKYO-BAYをはじめ、神奈川県川崎市のラゾーナ川崎プラザや東京都江東区のアーバンドックららぽーと豊洲など8店の広域商圏型施設を運営している。2009年9月には埼玉県三郷市にららぽーと新三郷の開業を予定しており、今後も大型商業施設の開発を積極的に進めていく方針だ。

[開発の概要]
開発名:三井ショッピングパーク ららぽーと磐田
所在地:静岡県磐田市遠州豊田PA周辺土地区画整理事業地内
面積:土地約7万m2、延べ床約13万6000m2、店舗約5万m2
構造、階数(地上/地下):S造、4/1(店舗)、5/0ほか(駐車場)
店舗数:175
駐車台数:約3400台
事業主:三井不動産
着工:2008年6月
開業:2009年6月25日(予定)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)