日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】奈良県学生寮「養徳学舎」が完成、ヒューリック

2010/05/19

完成した養徳学舎(写真:ヒューリック)
完成した養徳学舎(写真:ヒューリック)

 ヒューリックは2010年5月、文京区小日向4丁目で奈良県の男子学生寮「養徳学舎」が完成したと発表した。ヒューリックが老朽化した養徳学舎を建て替えると同時に、敷地の一部を奈良県から賃借して賃貸マンションを建設している。すでに奈良県への施設移管を済ませており、県とヒューリックは建物建設費と借地権利金を相殺した。マンションは10月の完成を予定している。

 建設地は地下鉄茗荷谷駅から徒歩6分の場所にある。奈良県は1917年に養徳学舎を設立した。1958年に完成した旧建物が老朽化したため、2008年から建て替えプロジェクトを進めてきた。新たに完成した建物は地上4階地下1階建て、延べ床面積1400m2だ。すでに入居者の募集が進められている。

 一方、マンションは地上7階地下1階建て、延べ床面積4000m2の規模になる。総戸数は77だ。ヒューリックは、50年間にわたって定期借地してマンションを運営する。名称は「ヒューリックレジデンス茗荷谷」となる。


[開発の概要]
開発名:養徳学舎
所在地:文京区小日向4-3-1
面積:土地約600m2、延べ床面積約1400m2
階数(地上/地下):4/1
用途:学生寮
完成:2010年5月(予定)

開発名:ヒューリックレジデンス茗荷谷
所在地:文京区小日向4-3-1
面積:土地約1400m2、延べ床面積約4000m2
階数(地上/地下):7/1
総戸数:77
用途:賃貸マンション
完成:2010年10月(予定)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)