日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】新宿6丁目開発の名称が「新宿イーストサイドスクエア」に、三菱地所

2010/07/01

新宿イーストサイドスクエアの完成予想(資料:三菱地所)
新宿イーストサイドスクエアの完成予想(資料:三菱地所)

 三菱地所、日本土地建物、大和ハウス工業、平和不動産は2010年6月、新宿6丁目で進めている再開発事業の概要を明らかにした。オフィス棟の名称は「新宿イーストサイドスクエア」に決まった。2012年4月の完成を予定している。

 同プロジェクトは日本テレビゴルフガーデンの跡地を開発しているもので、これまで「新宿六丁目N街区」との名称で建設が進んできた。建設地は職安通りに面しており、完成後は地下鉄東新宿駅に直結する。地上20階地下2階建て、延べ床面積17万m2の規模で、地下1階~地上1階の一部には店舗も配置する。

 オフィスフロアは基準階面積1800坪、天井高2850mmと都心部で最大級となる。ダブルスキンやLow-eガラス、電動ブラインドなどの採用によってCO2排出量を大幅に削減する。1万7000m2に及ぶ外構の36%を緑化する計画だ。

 隣接地のS街区で建設している賃貸マンションについては、名称が「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」に決まった。地上32階地下1階建て、総戸数761戸の規模となる。


[開発の概要]
開発名:新宿イーストサイドスクエア
所在地:新宿区新宿6-315-10(地番)
最寄り駅:地下鉄東新宿駅直結
面積:土地2万5809.68m2、延べ床17万274.18m2
構造、階数(地上/地下):S・SRC造、20/2
用途:オフィス(1階~20階)、店舗(地下1階~地上1階の一部)
駐車場台数:334
事業主:新宿六丁目特定目的会社
設計・監理者:三菱地所設計・日本設計 設計監理共同企業体
施工者:鹿島
工期:2010年5月~2012年4月

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)