日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【募集】横浜市がMM21地区の土地1508m2で事業コンペ、売却価格9億7000万円

2011/11/29

売却する土地(みなとみらい21地区49街区)
売却する土地(みなとみらい21地区49街区)

 横浜市は、みなとみらい21地区内にある49街区の土地1508m2を事業コンペで売却する。売却価格は9億7112万7234円だ。1m2あたりの単価は約64万円。横浜市は事業提案の内容を審査して、2012年3月に売却先(事業予定者)を決定する。コンペの参加登録は2011年12月22日まで受け付けている。

 売却する土地は横浜市営地下鉄ブルーライン高島町駅、または、みなとみらい線新高島駅から徒歩3分の場所にある。すずかけ通り西交差点に近い。隣接して、スーパーオートバックスのほか、PCデポ横浜本店などの店舗が立っている。周辺は、ショールームやミュージアム、大規模商業施設などが混在するエリアだ。

 土地はみなとみらい21地区のまちづくり基本協定により、建物の用途がオフィス、商業、文化施設などに制限される。住宅などの居住機能は認めらない。土地は容積率800%の商業地域が指定されている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)