日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【戦略】NMSとCWFが業務提携、企業力強化を支援

2012/02/20

 オフィスのコンサルティング業務を手がける日建設計マネジメントソリューションズ(NMS)とCWファシリティソリューション(CWF)は、企業力強化を支援するために業務提携を結んだ。第一生命保険、東京急行電鉄、日本生命保険、NECなど約20社の参加を得て、3月にワークスタイル戦略研究会を設立する予定だ。オフィスワーカーの生産性を測定するための指標を新たに考案する。

 厳しい経営環境のなかで、多くの企業がビジネスモデルの再構築を迫られていることが業務提携の背景にある。NMSとCWFはオフィスのデザインという枠を超え、オフィスワーカーの働き方や意識を本質的に見直すことで企業力強化のノウハウを構築する計画だ。生産性向上のほか、CRE(企業不動産)戦略、オフィスコスト低減、環境配慮型オフィスなどのコンサルティング手法を共同開発する。

 NMSは、建築設計分野で多くの実績を有する日建設計から2001年に分離・独立した。CWFは、コクヨファニチャー、オリックス、みずほ信託銀行、リコージャパンなど6社の出資によって2004年に設立された。両社の得意分野を結集することで、企業力強化に向けた複合的な提案ができると判断した。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)