PR

チューブ状の部材がラチスを構成

 構造に関しては、直径193mmと同324mmのチューブ状の部材がラチスを構成し、曲げや軸力を負担している。部材サイズはそのスパンに応じて変えた。ラチスのアーチが床盤と接合する部分はピン接合となっており、せん断力は鉄筋コンクリート(RC)造の耐震壁が負担する。

 鉄骨は最長14mだが、これはトルコの道路の規制によるものである。

Tekla Structures を使用して作成した構造モデル(資料:Arup)
Tekla Structures を使用して作成した構造モデル(資料:Arup)
[画像のクリックで拡大表示]