「家庭用エアコンのドライ運転は冷房運転より省エネ」と思っている一般の人は多いようです。しかし、省エネに詳しい専門家の間では、ドライ運転の方がエネルギーを消費するというのが“常識”でした。ドライ運転では「再熱除湿」方式が主流だったからです。ところが、最新の機種では、さらに状況が違ってきているそうです。エアコン選びの注意点を、松尾設計室の松尾和也さんが解説します。(日経ホームビルダー)


 家庭用エアコンで中上位機種の除湿運転は「再熱除湿」という方式が多く使われていました。これは冷房によって空気の温度と水分量を下げた後、冷やし過ぎた温度を再び温めることによって、温度はそのままで水分量だけ下げた空気をつくり出すという機能です〔図1〕。当然ながら再び温めるには余分なエネルギーが必要なので「再熱除湿は冷房運転に比べて光熱費が高くつく」という課題がありました。

〔図1〕再熱除湿方式のイメージ図
〔図1〕再熱除湿方式のイメージ図
いったん空気の温度を下げて結露させることで絶対湿度を下げたうえで、適温に温めてから噴き出す。空気を温めるため、冷房より電気代がかかる(資料:松尾和也)
[画像のクリックで拡大表示]

 それでも、梅雨時のように湿気が非常に多い割に冷房だと寒くて不快に感じる時期には、高くついても再熱除湿を使う意義は十分にありました。

 そんな再熱除湿ですが、ここ数年でエアコンメーカー各社は、採用機種を減らしています。エアコンに詳しい住宅実務者の間では時々話題になりますが、この事実を大々的に取り上げている記事を、まだ見たことがありません。今回は、このことを解説します。

 「日経業界地図2016年版」(発行:日本経済新聞出版社)によるとルームエアコンの国内シェアは1位パナソニック、2位ダイキン工業、3位三菱電機、4位日立アプライアンス、5位富士通ゼネラル、となっています。上位5社でシェアのほぼ8割を占めています。このうちパナソニック、ダイキンは最新型の機種においては再熱除湿を採用していません。この2社の合計シェアは約40%になります。また、今でも再熱除湿を採用している日立と三菱のシェアは足しても約27%です。この2社のエアコンにおいても再熱除湿がついているのは中上位機種だけですので、現在、国内で販売されているエアコンのうち再熱除湿機種である確率はおおよそ10~15%くらいと推測しています。

 ただし、各社において長らくモデルチェンジが行われていない機種においては今でも再熱除湿機能が残っている場合もあります。また各社再熱除湿の見直しは、2012年から2014年頃に一気に加速した感があります。