環境に敏感な海外投資家、認証取得でグローバル対応

 産業ファンド投資法人がテナントのジョンソン・エンド・ジョンソンとともに開発したIIF川崎サイエンスセンター。高い緑化率、Low-Eガラスやハイサイドライトの採用、電力みえる化システムの導入などにより、CASBEE川崎Aランクを取得した(資料:三菱商事UBSリアルティ)
産業ファンド投資法人がテナントのジョンソン・エンド・ジョンソンとともに開発したIIF川崎サイエンスセンター。高い緑化率、Low-Eガラスやハイサイドライトの採用、電力みえる化システムの導入などにより、CASBEE川崎Aランクを取得した(資料:三菱商事UBSリアルティ)

カーソルキー(←/→)でも操作できます