PR

森ビルが再開発を進める虎ノ門エリア。「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」(19年12月竣工予定)と「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」(21年1月竣工予定)の外観デザインを手掛けたのはドイツ出身の建築家クリストフ・インゲンホーフェン氏は、東京の建築にはもっと「緑」と「光」が必要だと語る。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い