PR

川原秀仁氏は、コンストラクション・マネジメント(CM)、プロジェクト・マネジメント(PM)の道に入るまでにいくつかの職を体験した。農用地開発公団やJICAなどを経て山下設計に転職し、設計の実務を担当。1999年に巡り合ったのが、日立マクセル東京本社ビルのプロジェクトだ。分離発注の管理に汗を流し、その難しさを感じるとともに新たな事業の可能性を見いだした。(全3回のうちの第2回)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料