PR

離れた個所の漏水も探って補修

 建物内への雨水の浸入個所が、室内で雨漏りが発覚した個所に近いとは限らない。このケースは、その典型例と言えるだろう。

 雨漏りが発生したのは、新築まもない2階建ての木造住宅。雨が降るたびに、1階の洗面所とトイレのサッシ枠から水が染み出すことに、住まい手が気付いた。

[画像のクリックで拡大表示]

 当初に対応した住宅会社は、当然、サッシを疑った。サッシ枠を固定するビスを締め直したうえで、パッキンの取り付け状況なども確認した。

 ところが、後日の降雨時、また同じ個所で雨漏りが発生してしまった。住宅会社は、あらためてサッシをチェックした。サッシ周辺の外壁の亀裂なども調べたが、どこにも異常はない。困り果てた住宅会社は、住宅の各種調査や検査などを手がける住宅検査保証協会(東京都墨田区)に協力を求めた。

 「雨漏りの状況と、それまでの対応から察して、原因はサッシではない」。現地を訪れた同協会社長の大場喜和さんは、最初にそう感じたという。住宅検査保証協会による再調査では、外壁全体と屋根まで、調査範囲を広げた。その調査では、小屋裏の状態は良好で、屋根が原因ではないことが明らかになった。

(初出:日経ホームビルダー2007年12月号 当時の記事のまま再掲載)
雨漏りトラブル完全解決&対策
「雨漏りトラブル完全解決」<br>“今どき トラブル”の全貌が明らかに!
「雨漏りトラブル完全解決」
“今どき トラブル”の全貌が明らかに!
日経ホームビルダーは2017年10月に書籍「雨漏りトラブル完全解決」を発行します。住宅実務者にとって、雨漏りは最大の関心事。住宅トラブル件数の約85%を、雨漏り事故が占めています。最近は、屋根の庇を十分に出さない「軒ゼロ住宅」や「パラペット住宅」で雨漏り事故が多発。本書では、雨漏りが発生しやすい部位の納め方を、基礎から易しく解説するとともに、軒ゼロやパラペットなど、雨漏り事故が増えている部位の対策も詳説します。雨漏り対策の決定版です。
【書籍購入サイト】
▼Amazon:〔購入〕 ▼日経BPブックナビ:〔購入