PR

日経アーキテクチュアは8月24日号で建築家・藤森照信氏の特集を掲載する。特集内では、活動分野の異なる4人と藤森氏との対談を実施した。本誌に掲載できなかった内容を含む詳細版をウェブに掲載する。1人目は建築史家で東北大学教授の五十嵐太郎氏。建築家としての藤森氏は歴史的にどう位置付けられるのか──。五十嵐氏は、「ポスト・ヒストリー(歴史の後)の建築家」という仮説を立てて対談に臨んだ。その後編。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料