北東から見た外観。菱形を単位とする地獄組みをランダムに配置した構造体で、3層の床と屋根を支える。使用したのは、断面60mm角の岐阜県産の東濃ヒノキ。強度の高いE110等級の部材を不燃処理している。垂直に立つ部材は1本もない。写真左側の東面では、地獄組みの格子面もすべて傾いているが、そこから連続する北側の格子面は垂直に立つ(写真:安川 千秋)
北東から見た外観。菱形を単位とする地獄組みをランダムに配置した構造体で、3層の床と屋根を支える。使用したのは、断面60mm角の岐阜県産の東濃ヒノキ。強度の高いE110等級の部材を不燃処理している。垂直に立つ部材は1本もない。写真左側の東面では、地獄組みの格子面もすべて傾いているが、そこから連続する北側の格子面は垂直に立つ(写真:安川 千秋)

カーソルキー(←/→)でも操作できます