1. 日経クロステック トップ
  2. 建築プロジェクトデータベース
  3. 霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館
建築プロジェクトデータベース

霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館

中央官庁初のPFIによる超高層、旧文科省を一部保存

PR

1932年竣工の文部科学省庁舎、35年竣工の会計検査院庁舎の建て替えに端を発し、都市再生機構が施行者となる第一種市街地再開発事業として、街区全体の整備計画が提案された。敷地全体に分散していた中低層の建物を2棟の高層タワーにまとめるという計画だ。建設などにかかる事業費は、庁舎部分はPFI事業者が調達する民間資金によって、民間部分は市街地再開発事業によって工面する。官民の共同ビルの建設は、中央官庁の庁舎では初のプロジェクトとなった。

この記事は有料会員限定です

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

あなたにお薦め

もっと見る
PR

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定