1. 日経クロステック トップ
  2. 建築プロジェクトデータベース
  3. 安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設
建築プロジェクトデータベース

安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設

土のブロックで覆った仏像収蔵施設

PR

山口県の豊浦町に竣工していた安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設に2003年冬、重要文化財の阿弥陀如来坐像が安置された。単なる保管庫でなく、東側一面をガラス張りとした視覚的に開かれたミュージアムとしての完成形が、姿を表した。左官職人の久住章氏との協働で現場の土を使った版築ブロックをつくり、RC造の躯体の外側に積んでいる。この工法は、設計者の隈研吾氏が、町に残っていた土塀や、版築による土蔵に出会ったことから発想された。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください

あなたにお薦め

もっと見る
PR

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定