1. 日経クロステック トップ
  2. 建築プロジェクトデータベース
  3. 武蔵野美術大学 4号館(改修)
建築プロジェクトデータベース

武蔵野美術大学 4号館(改修)

地中梁で柱を連結しピロティの意匠を残す

PR

建築家・芦原義信の代表作の1つ、武蔵野美術大学 4号館が、耐震改修を経て45年ぶりに本来の姿へとよみがえった。1階はピロティ。2階には9600㎜グリッド角の中にアトリエとテラスを配置した。この独創的なデザインを維持するために、設計者が選択したのは、地中梁の増設という解だった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください

あなたにお薦め

もっと見る
PR

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定