1. 日経クロステック トップ
  2. 建築プロジェクトデータベース
  3. 石と賢治のミュージアム
建築プロジェクトデータベース

石と賢治のミュージアム

線路沿いに物語性と郷愁を演出

PR

JR東北本線・一ノ関駅から大船渡線で約30分。陸中松川駅で降り北側に歩くと、幅3.6m、高さ4.8mほどの木製ゲートに迎えられる。線路沿いに300mほど続く遊歩道を抜けると、古色蒼然とした石灰石の砕石工場跡が現れる。宮沢賢治が晩年に技師として働いた旧東北砕石工場である。この建物を核に大船渡線の線路沿い約4000㎡の敷地を施設整備したのが「石と賢治のミュージアム」だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

あなたにお薦め

もっと見る
PR

この機能は会員登録(無料)で使えるようになります

フォロー連載・特集

設定