PR

省令準耐火構造では、隣家からのもらい火に備えるため、屋根や外壁、軒裏を防火性能の高い構造とする。例えば、屋根は不燃材料でふくなどの方法が一般的だ。ルーフバルコニーの仕様も、屋根と同様の取り扱いになる。一般的なFRP防水は不燃材料として告示に規定されておらず、それを仕上げに使うだけでは省令準耐火構造とは認められないので、国土交通大臣の認定を取得した材料で覆うなどの方法を取る必要がある。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料