PR

 外壁での漏水原因の一つに、防水シートの初歩的な施工ミスがある。

 誤りやすいのが、シート同士を重ねる手順だ。開口部上部はシートを連続させるのが基本だが、下の写真のように縦方向の重ね代がサッシの上枠側にくる施工ミスも多い。「つなぎ目に水が入るとサッシからの浸入を招く」と現場監査会社のネクストステージ(大阪市)住宅品質推進部部長の木下篤さんは指摘する。

透湿防水シートを切り欠いて、窓の上部に重ねた例。サッシ上部の防水シートは連続させるのがセオリーであり、こうした納まりは厳禁(写真:ネクストステージ)
透湿防水シートを切り欠いて、窓の上部に重ねた例。サッシ上部の防水シートは連続させるのがセオリーであり、こうした納まりは厳禁(写真:ネクストステージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 下の写真は窓まわりの施工不良。「木くずなどが防水テープ接着面に付き、透湿防水シートが躯体に接着していない」と木下さん。

現場のほこりなどが接着面に付着して、防水テープが剥がれていた例(写真:ネクストステージ)
現場のほこりなどが接着面に付着して、防水テープが剥がれていた例(写真:ネクストステージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 下の写真は、透湿防水シートと通気胴縁の施工順序を逆にしてしまった事例。「サッシフィンと透湿防水シートが密着していないので、サッシまわりから漏水する。胴縁とサッシも近すぎるので、通気層が機能せず、シーリングのバックアップ材を施工しにくい」と、住宅あんしん保証商品開発部主任の福田晃一さんは指摘する。

胴縁の上に透湿防水シートを張っていた例。施工順序が逆だ。漏水しやすくなるばかりか、通気層が機能しない恐れもある(写真:住宅あんしん保証)
胴縁の上に透湿防水シートを張っていた例。施工順序が逆だ。漏水しやすくなるばかりか、通気層が機能しない恐れもある(写真:住宅あんしん保証)
[画像のクリックで拡大表示]
シートの重ね方の×と○
シートの重ね方の×と○
(資料:ネクストステージ)
[画像のクリックで拡大表示]
雨漏りを招くシートの張り方
雨漏りを招くシートの張り方
(資料:ネクストステージ)
[画像のクリックで拡大表示]