PR

 「良かれと思って、防水テープと防水シートを重ね過ぎたことで、窓まわりの雨漏りを招いてしまうケースがある」。雨漏りの診断を手掛ける神清(愛知県半田市)常務の神谷昭範さんはこう話す。神谷さんが調査した事例の一つが下の写真だ。

サッシ下端が雨漏りで劣化している。重ねて張ったシート同士が密着していなかったため、隙間から雨水が浸入した。防水テープをサッシ下端でL字形状に張ったことも、水を浸入させやすくしていた恐れがある(写真・資料:神清)
サッシ下端が雨漏りで劣化している。重ねて張ったシート同士が密着していなかったため、隙間から雨水が浸入した。防水テープをサッシ下端でL字形状に張ったことも、水を浸入させやすくしていた恐れがある(写真・資料:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 サッシの側面に張った両面防水テープCに、メーカーの施工マニュアルに記載のない防水シートAを張り合わせ、その上に防水シートBを重ねていた。サッシと防水シートAは両面防水テープで密着しているが、防水シートAと防水シートBはステープルで留めただけなので、シートAとシートBの隙間から雨水が浸入し、面材を劣化させていた。

雨漏りを招いた窓まわりと正しい窓まわの納まり
雨漏りを招いた窓まわりと正しい窓まわの納まり
[画像のクリックで拡大表示]

 雨漏りを招きやすい窓の配置もある。下の事例は、サッシを隣り合わせにつなぐデザインにしたため、突き付けで施工せざるを得なくなり、隙間から雨が浸入した。入り隅部にサッシが隣接している事例も、それぞれの防水テープなどがぶつかり、マニュアル通りの施工が困難だ。

第一浜名建装が調査を頼まれた、滑り出し窓を連続して配置していた住宅。サッシは下地材に固定して防水処置を施す必要があるが、突き付けで施工していたため隙間から漏水した(写真:第一浜名建装)
第一浜名建装が調査を頼まれた、滑り出し窓を連続して配置していた住宅。サッシは下地材に固定して防水処置を施す必要があるが、突き付けで施工していたため隙間から漏水した(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
入り隅部に二つのサッシを隣り合わせに配置していた現場。二つのサッシを取り付けた後だと防水処理がぶつかり施工が困難なので、本来は窓の位置をずらす必要がある。やむを得ず一方のサッシに防水処理を施した後、もう一方のサッシを設置。ネジ穴をパテで埋めるなどした後、防水性能を高めた水切り用の防水シートを張って対処した。対策工事はチバ建装(高松市)が施工(写真:旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ)
入り隅部に二つのサッシを隣り合わせに配置していた現場。二つのサッシを取り付けた後だと防水処理がぶつかり施工が困難なので、本来は窓の位置をずらす必要がある。やむを得ず一方のサッシに防水処理を施した後、もう一方のサッシを設置。ネジ穴をパテで埋めるなどした後、防水性能を高めた水切り用の防水シートを張って対処した。対策工事はチバ建装(高松市)が施工(写真:旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ)
[画像のクリックで拡大表示]