PR

熊本地震の発生から3カ月がたちました。国や日本建築学会が大規模かつ詳細な被害調査を実施する中で現行基準の課題が浮かび上がってきています。こうした課題を、住まい手や住宅実務者はどう捉えているのか。延べ1000人を超える人々を対象にアンケートを実施しました。その結果、2000年以降に竣工した築浅住宅の住まい手でさえ、4人に1人が耐震性に不安を感じていることが明らかになりました。特集1「熊本発の耐震不安 築浅顧客に拡大」で詳報します。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)