PR

建築基準法は、極めて稀に発生する大規模地震で倒壊・崩壊しないことを求めている。大規模建築物などは、保有水平耐力計算でそれを検証しているが、2階建てまでの木造住宅は壁量計算でよい。壁量計算の中に大規模地震で倒壊しないための対策を盛り込んでいるからだ。2000年に耐力壁の終局耐力の評価方法を変えたことと、柱頭柱脚の接合方法を明確化したことが、その一例だ。東京大学名誉教授の坂本功さんは「壁量計算を満足させれば、基準法が想定する大規模地震がきても内外装なしで倒壊しないと概ね予想できる」と話す。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)