PR

軒の出が小さい住宅では、屋根と外壁の取り合い部が雨水浸入の起点となりやすい。納まりのポイントは、二つある。一つは、屋根と壁の防水層をなるべく連続させ、隙間をつくらないこと。もう一つは、内部結露を防ぐために通気ルートを確保すること。つまり、「防水しながら風を通す」という難度の高い納まりが求められる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)