PR

A邸は築6年目の伝統木造住宅だ。熊本地震で震度7を観測した熊本県益城町内の、被災が著しかったエリアに建つ。柱と基礎を金物で緊結しない「石場建て」を採用していたため、本震の揺れで柱脚が滑り、東西方向に80cm水平移動した。設計は伝統木造住宅を得意とする、住まい塾古川設計室(熊本市)の古川保社長が手掛けた。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)