PR

新築住宅は築10年を過ぎればひと安心――。そんな常識が通用しなくなっている。民法の不法行為責任(時効は20年)を追及する欠陥住宅訴訟が続出しているからだ。築10年を過ぎても、基本的な安全性を損ねる欠陥と過失があれば、損害賠償の対象となる。建て逃げは許されない。長期品質保証を前提としたリスク管理が不可欠だ。

(イラスト:浅賀 行雄)
(イラスト:浅賀 行雄)
[画像のクリックで拡大表示]

目次