PR

築28年の木造住宅で発生した雨漏りを調査したところ、屋根裏で外壁サイディングの破片が大量に見つかった。「住宅会社は建て主に十分な説明をせず外壁を張り替えたのではないか」と筆者はみる。(日経ホームビルダー)

 前号に引き続き、築28年の木造住宅で起こった雨漏り事例を取り上げる〔写真1〕。

〔写真1〕破風板の下地木材が腐朽
〔写真1〕破風板の下地木材が腐朽
筆者は、築28年の木造住宅の雨漏り修理を依頼された。外観の様子を見ると、外壁のサイディングが水を吸っているせいか、ふやけたような状態になっていた(左上の写真)。妻側の破風板の板金を剥がしたところ、下地木材の腐朽がかなり進んでいた。また、随所にクロアリの巣(写真の茶色の部分)が発生するなど、劣化の程度は深刻な状態だった(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 前号で述べた通り、この住宅では、外壁の防水シートを二重に張っていた。雨漏り調査のためにサイディング材を剥がすと、下地として見えるはずの胴縁が見当たらず、ビニル系防水シートが現れた。さらに、このビニル系防水シートを剥がすと、下地防水となるアスファルトフェルトと胴縁を発見した。

 施工した住宅会社は、なぜシートの二重張りまでして、防水性能を高めようとしたのか。実態調査を進めながら、私はずっと不思議に思っていたが、ある段階でその疑問が一気に氷解した。

破砕した外壁の痕跡を発見

 雨漏りの原因調査で小屋裏を調べているとき、驚くべき光景が目に飛び込んできた。なんと、外壁サイディング材の破片が散乱していたのである〔写真2〕。

外壁背後に二重の防水シートが…
〔写真2〕撤去した古いサイディング材が屋根裏に散乱
〔写真2〕撤去した古いサイディング材が屋根裏に散乱
外壁を剥がすと、ビニル系の防水シートが出現(上)。さらにその背後に、胴縁とアスファルトフェルトが現れた(中)。屋根裏には、撤去したサイディング材の破片が散乱。雨漏りを止めるため、住宅会社が外壁の張り替えとシートの二重張りをしたとみられる(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 恐らく、「何とか雨漏りを止めたい」と考えた住宅会社が外壁の一部を張り替え、撤去した古い外壁材を小屋裏に放置したのだろう。その張り替え工事をしたときに、度重なる雨漏り事故を解消したいと考え、住宅会社は胴縁の屋外側にビニル系防水シートを新たに施工したのではないか。それが、二重張りシートを施工した本当の理由に違いない。

 建て主に聞くと「外壁を張り替えた記憶はない」と言うが、事情は容易に想像がつく。建て主の記憶の問題ではなく、住宅会社がきちんと補修方法を説明しなかったのだ。

 住宅会社が雨漏り修理をする場合、自分たちの施工ミスを知られたくないばかりに、原因や補修方法をきちんと建て主に説明しないことがある。足場を組んでネットを張れば、中でどんな補修工事をしているのか、建て主でさえよく分からない。

 しかも、今回の建て主ご夫妻は共働きで勤務時間が長く、家を空ける時間も長い。それを良いことに、住宅会社は十分な説明をせずにサイディングの張り替え工事を進めたのではないか。

 住宅会社は既に倒産しているので確認のしようがないが、破砕されたサイディング材の痕跡を見る限り、そうとしか考えられない。