PR

100年、200年に1度といった想定外の豪雨の際、住民の命を守るために何ができるのか――。土木の視点だけでなく、建築の視点も併せて検討する手法が注目を集めている。滋賀県の取り組みを一例に、これからの水災害対策の考え方を探った。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料