PR

瓦屋根の谷樋に空いた穴から雨水が浸入し、室内での雨漏りを引き起こした。筆者は、谷樋には2重の下葺き材を張ったうえで、谷樋を流れる雨量を適切に制御することが重要と説く(日経ホームビルダー)。

 今号も、前号に引き続き築35年の2階建て木造住宅で起こった雨漏りトラブルを取り上げる。重厚な瓦屋根を備えた昔ながらの住宅であるものの、雨仕舞いについては現在の住宅に参考になる点も多い。

 雨漏りの理由は3つあった。1つは、屋根の谷樋に穴が空いていたこと〔写真1〕。谷樋とは、2つの屋根の下端がぶつかる溝部分に取り付けた雨樋のことだ。

〔写真1〕谷樋の穴から雨水が浸入
(写真と資料:第一浜名建装)
(写真と資料:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
築35年の木造住宅で発生した雨漏りトラブル。筆者が原因を調べたところ、瓦屋根の谷樋に穴が空いていた。銅板の谷樋は軟らかいので、長期間にわたる雨水落下の衝撃力などによって、穴が空いたとみられる(写真と資料:第一浜名建装)
築35年の木造住宅で発生した雨漏りトラブル。筆者が原因を調べたところ、瓦屋根の谷樋に穴が空いていた。銅板の谷樋は軟らかいので、長期間にわたる雨水落下の衝撃力などによって、穴が空いたとみられる(写真と資料:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 この現場では銅板の谷樋を使っていた。長年にわたる雨水落下の衝撃力などでその銅板に穴が空いていたのだ。銅板は軟らかいので加工しやすいが、水滴の衝撃力のほか、瓦の釉薬の影響などで穴が空くことがあると言われている。

 2つ目の理由は、棟部周辺の瓦の隙間から雨水が浸入したことだ。この住宅では、棟部の瓦を銅線で巻いて固定したうえで、葺き土の粘着力によって相互の瓦を一体化していた〔写真2の上〕。

〔写真2〕棟部の瓦の隙間からも雨水が浸入
(写真と資料:第一浜名建装)
(写真と資料:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真と資料:第一浜名建装)
(写真と資料:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]
補修前は、棟部瓦の回りを銅線で何重にも巻いていた。この緊結力と葺き土の粘着力で瓦同士を一体化していた。しかし、葺き土の流出で粘着力が弱まり、銅線も緩んでいたので、瓦の隙間から雨水が流入した。これを踏まえ、谷樋だけでなく棟部の一部も撤去することにした(写真と資料:第一浜名建装)
補修前は、棟部瓦の回りを銅線で何重にも巻いていた。この緊結力と葺き土の粘着力で瓦同士を一体化していた。しかし、葺き土の流出で粘着力が弱まり、銅線も緩んでいたので、瓦の隙間から雨水が流入した。これを踏まえ、谷樋だけでなく棟部の一部も撤去することにした(写真と資料:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、銅線はかなり緩んでおり、長年の降雨で葺き土の一部が流出。粘着力を失っていた。そのため、瓦の隙間が徐々に広がり、毛細管現象などによって雨水が隙間から浸入した。

 第3の理由は、屋根の下葺き材に使っていたアスファルトフェルトが破れていたことだ。下葺き材は、谷樋の穴や瓦の隙間から入った雨水を防ぐ最後のとりでだ。ここに穴が空いていては、防波堤の役割を果たせない。

 修理に当たっては、これら3つの問題を解消しなくてはならない。谷樋やアスファルトルーフィングを新しいものに交換し、瓦同士を緊結する必要があった。