PR

注文住宅の「桧家住宅」や「レスコハウス」を手掛ける桧家ホールディングスは、IoT(モノのインターネット)住宅の実験棟を建築して、2018年2月から実証実験を始める。同社の戸建て住宅で採用している全館空調設備や、シャッター、室内ブラインドなどを連携させて制御することで空調効率を高め、ランニングコストを抑える効果などを検証する。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い