PR

誤報を減らすための学習機能を搭載した住宅用火災警報器。日常生活のタバコや調理などで発生する一過性の煙を、環境データとして学習する。各部屋の環境データに合わせて、火災と判断するまでの待機時間を調整して、火災による煙を的確に認識する。警報音は約90dB/mの大音量で、音声メッセージもクリアに出力する。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料