PR

 2018年度のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業案の内容が明らかになった。省エネ性能などを強化したZEH+(ゼッチプラス)のほか、日照時間や積雪量などに配慮したNearly ZEH(ニアリーゼッチ)、都市部の狭小地を考慮して太陽光発電システムの搭載を求めないZEH Oriented(ゼッチオリエンテッド、仮称)など、新たなラインアップが加わった。

 補助金額は条件によって異なるものの、基本的にZEHなどは1戸当たり70万円、ZEH+は同115万円を補助する予定だ。

電気自動車の普及に配慮

 18年度に予定している戸建て向けのZEH支援事業は、17年度と比べて複雑だ。基本的なZEHをベースに、上位と下位のランクを創設して、合計5つのタイプで構成している。

 新ZEHでは、大きく2つの内容が目玉となる。1つは、上位ランクとして新設した「ZEH+」だ〔図1、2〕。一次エネルギー消費量の削減率を従来のZEHよりも高くしたほか、選択式の要件を採用した。

〔図1〕ZEH+の要件は選択式
〔図1〕ZEH+の要件は選択式
従来のZEHを上回る上位クラスとしてZEH+を新設。「高断熱化」「高度エネマネ」「電気自動車対応」の3つの要件から2つを選択する(資料:取材を基に日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図2〕ZEHを上位と下位クラスで展開
〔図2〕ZEHを上位と下位クラスで展開
データは1月中旬の取材時点のもの。赤字は2018年度のポイント(資料:取材を基に日経ホームビルダーが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 選択式では、「高断熱化仕様の採用」「高度エネマネ(エネルギーマネジメント)システムの搭載」「電気自動車などの充電用専用コンセントの搭載」の3要件のうち2つを満たす必要がある。

 「高断熱化仕様の採用」は、外皮性能の向上が狙いだ。基準は現行の外皮強化型ZEH(強化外皮加点)や国土交通省のランクアップ外皮基準を参考にして検討している。例えば6、7地域の場合、UA値0.50が求められるイメージとなる。

 「高度エネマネシステムの搭載」では、空調設備と給湯器を制御できるHEMSの採用が要件となる。これまでのZEHに搭載するHEMSは、エネルギー消費量の計測(見える化)が求められていた。だが、高度エネマネシステムが対象とするHEMSは、エネルギーの見える化だけでなく、設備機器の制御まで求められる。

 「電気自動車などの充電用専用コンセントの搭載」は、電気自動車との連携を見据えたものだ。太陽光発電システムで発電した電気を電気自動車に充電するといった、自家消費型の住宅を想定している。

 ただし、現時点では電気自動車への充電を制御する仕組みが整っていないので、連携機能までは求めない。